仕事・人生観など「ひとづくり社長」の元気が出るコトバ

中島 彰彦

2017年05月15日

スピード

仕事で結果を出すためには「質」と「量」のどちらを優先すべきなのかという質問をよく受けます。

私は「質」も「量」もどちらも大切だと思います。さらにプラス「スピード」も必要です。

仕事は「質」「量」「スピード」を兼ね備えた仕事をしなければなりません。

 

自身で仕事のスピードは速いと思っている方もいることでしょう。

歩くより、自転車、自動車のスピードは速いかもしれませんが、

私は新幹線や飛行機くらいのスピードを求めて比べます。

何に基準を置いて自身のスピードを比較するのか、

質も量もスピードも自身が思っている以上にハイスピードでやるべきだと思います。

 

また、早い判断は正しい、遅い判断は間違いが多いと思います。

何かを改革しようと思ったら、早めに行動してください。

判断を先送りしてしまうと、今期も終わってしまいます。

投稿者: 中島 彰彦 日時: 2017年05月15日 09:03 |

2017年04月27日

努力の差

仕事は必ず結果がついてきます。現実を直視しているか、していないかがポイントです。厳しい現実を見ている人と目をそらしている人の差が1日、3日、1週間、1カ月という差になって出てきます。

自身の努力の有無は、全て他人が判断するということを自覚しておかなければなりません。

自身のことを自分で判断すると自分勝手に判断してしまいます。

お客様やスタッフが、上司や部下が見て判断します。

4月には新入社員が入社しました。新入社員からも見られています。

 

努力をしなくても歳はとります。今年は努力したから2歳、歳をとったということはありません。実力がある人は努力をしたからこそ実力がついているのであって、歳は努力せずともとります。ただ、過ごした時間の中でどれだけのことをやってきたかによって差が出てくるのです。

 

人として行うべき正義と知りながらそれをしないことは、勇気が無いのと同じことであるということを「義を見てせざるは勇無きなり」といいます。ぜひ、勇気を大切にしてください。そして、やらなければならないということが分かっているのならば、速やかに実行し、努力してください。

投稿者: 中島 彰彦 日時: 2017年04月27日 15:14 |

2017年04月05日

2017年度

「天気俚諺(てんきりげん)」という天気のことわざがあります。

「夕焼けは晴れ、朝焼けは雨」「北東風は天気が悪い」など天気・天候・気候などの予測に関する昔からの言い伝えのことです。

会社には問題・課題(=雨・にわか雨)はあります。

神様は問題と答えはセットで出します。答えのない問題はありません。

私は、問題があるということは、答えがあると信じています。問題だけを掘り出しても解決はしません。解決に導こうという意識がなければ答えは出てきません。

ひとりで仕事をしている人は一人分の円しか作れません。2人で手をとれば円は倍になります。3人で手を取れば3倍になります。弊社社員全員で手をとれば、かなり広範囲の仕事ができます。

2017年度はチームワークを更に強化し、全社員の力を一つに加速していきます。

2017年度もアソウ・ヒューマニーセンターグループをどうぞ宜しくお願いいたします。

投稿者: 中島 彰彦 日時: 2017年04月05日 18:08 |

2017年03月10日

準備

仕事は「準備」が非常に大切です。

勝負は勝負をする前にすでに勝敗が決まっているといわれています。

例えば、過去の戦争の事例やスポーツの勝敗を見ても、戦い出してから勝敗が決まるということは滅多になく、戦う前にどちらが勝つのかはほとんど決まっています。これは戦う前に行った準備の差だと思います。

仕事も同じです。

年度初め4月のスタート時点で、年間目標が達成できるかできないかという事は決まっているのだと思います。これは「スタート前にどれだけの準備を行っているのか」がキーワードです。

もし、4月の時点で十分な準備が出来ていないと思い焦って準備を行ったとしても、すでにスタートダッシュには間に合いません。

4月からスムーズにスタートするためには、2月・3月が非常に大切な時期です。

起きている時間の大半は仕事の時間です。仕事をいかに楽しんでやれるか、どれだけの準備が整っているかで、仕事に対する姿勢も変わってくると思います。

投稿者: 中島 彰彦 日時: 2017年03月10日 14:11 |

2017年02月16日

成功する人と失敗する人の違い

人生において成功する人と失敗する人がいます。

結論から言うと、違いは一点だけです。

「自分はだめだというマイナス思考が成功を拒んでいる」のだと思います。

自分はできないというマイナス思考を取り除けば、誰でも成功することはできます。

 

我々は、麻生グループの中でもプロフェッショナルユニットチームに属し、

プロフェッショナルとして仕事をしています。

プロとアマチュアの違いは、心構えだと思います。

もっと詳しく言うと「結果」と「責任」です。

 

例えばスポーツにおいて、アマチュアであれば負けても責任をとる必要はありません。

しかし、プロであれば結果が勝つか負けるかによって、責任を取る必要があるという緊張感を持ち続けなくてはなりません。

 

失敗を繰り返す人は、「自分はダメだ、出来ない」というマイナス思考と言い訳が成功を拒んでいることに気づき、とにかくやってみることが大切だと思います。

投稿者: 中島 彰彦 日時: 2017年02月16日 09:21 |