仕事・人生観など「ひとづくり社長」の元気が出るコトバ

中島 彰彦

2017年03月10日

準備

仕事は「準備」が非常に大切です。

勝負は勝負をする前にすでに勝敗が決まっているといわれています。

例えば、過去の戦争の事例やスポーツの勝敗を見ても、戦い出してから勝敗が決まるということは滅多になく、戦う前にどちらが勝つのかはほとんど決まっています。これは戦う前に行った準備の差だと思います。

仕事も同じです。

年度初め4月のスタート時点で、年間目標が達成できるかできないかという事は決まっているのだと思います。これは「スタート前にどれだけの準備を行っているのか」がキーワードです。

もし、4月の時点で十分な準備が出来ていないと思い焦って準備を行ったとしても、すでにスタートダッシュには間に合いません。

4月からスムーズにスタートするためには、2月・3月が非常に大切な時期です。

起きている時間の大半は仕事の時間です。仕事をいかに楽しんでやれるか、どれだけの準備が整っているかで、仕事に対する姿勢も変わってくると思います。

投稿者: 中島 彰彦 日時: 2017年03月10日 14:11 |

2017年02月16日

成功する人と失敗する人の違い

人生において成功する人と失敗する人がいます。

結論から言うと、違いは一点だけです。

「自分はだめだというマイナス思考が成功を拒んでいる」のだと思います。

自分はできないというマイナス思考を取り除けば、誰でも成功することはできます。

 

我々は、麻生グループの中でもプロフェッショナルユニットチームに属し、

プロフェッショナルとして仕事をしています。

プロとアマチュアの違いは、心構えだと思います。

もっと詳しく言うと「結果」と「責任」です。

 

例えばスポーツにおいて、アマチュアであれば負けても責任をとる必要はありません。

しかし、プロであれば結果が勝つか負けるかによって、責任を取る必要があるという緊張感を持ち続けなくてはなりません。

 

失敗を繰り返す人は、「自分はダメだ、出来ない」というマイナス思考と言い訳が成功を拒んでいることに気づき、とにかくやってみることが大切だと思います。

投稿者: 中島 彰彦 日時: 2017年02月16日 09:21 |

2017年01月25日

学び

私は毎月数冊の本を読みますが、本からは多くの学びを得ることができます。

いくつになっても、どれだけ経験を積んだとしても、学ぶ姿勢は持ち続けなければならないと思います。周りの人から学ぼうとする気持ちがあるのか、ないのかということが成長の度合いだと思います。

 

私は社員にいつも言いますが、高い目標は高い結果に繋がりますが、低い目標はそれ以上の結果には絶対に繋がりません。

やろうと思ったことは、絶対にできます。

可能性を信じることが大切です。

 

是非、高い目標を持って日々努力する人生を送っていただきたいと思います。

投稿者: 中島 彰彦 日時: 2017年01月25日 11:38 |

2017年01月05日

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

よき新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。

 

2017年は酉年です。

今年、アソウ・ヒューマニーセンターグループのカレンダーは酉年に合わせてタマゴ型のカレンダーを制作しました。自分の殻を破る良い1年にしてほしいという願いを込めて、タマゴの中心には穴が空いています。

「新たな自分へ、これからの私たちへ。

自分の殻も、会社の殻も破って、社会に人に自社の存在価値を高めていく。」

 

2017年アソウ・ヒューマニーセンターグループは、更なるチームワーク強化を目指し、全社員で最強軍団を作り上げていきたいと思います。

 

本年もアソウ・ヒューマニーセンターグループをどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

投稿者: 中島 彰彦 日時: 2017年01月05日 16:31 |

2016年12月21日

ビジネスとは

ビジネスは、究極の団体競技です。まずは、各個人が力をつけ、それから勝てるチームを作ることが大事だと思います。勝てるチームを作るには、自己中心的な考え方を捨て、周りへの感謝の気持ちを忘れず、チームワークを大切にしてください。

 

また、仕事のスピードを上げるということは、目的地に最短距離でたどり着くということです。目的地まで直線でたどり着くことが一番早い方法です。そのためには、出来ている人や出来る部署に聞くことが一番早く目的地にたどり着く方法だと思います。

 

目先の結果だけを求めるのではなく、長期的スパンで発想を持てる人間になってください。

投稿者: 中島 彰彦 日時: 2016年12月21日 11:23 |